HOME
ボーナス、どこで殖やす?

安全派も積極派もしっかり選ぼう!


■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■証券会社別

【株式手数料】
手数料で選ぶ(1約定ごと)
定額手数料で選ぶ


楽天証券
トレーディングツールの代名詞「マーケットスピード」

・SBI証券
(オンラインネット専業証券で口座数NO。1)

・丸三証券
2ヶ月間は手数料が無料!

・マネックス証券
株式手数料が安い

カブドットコム証券
多彩な注文方法、情報ツールがすごい

立花証券

GMOクリック証券
手数料が安い


■普通株

■プチ株

■1000円からの純金積立

セゾン資産形成の達人ファンド

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

■FX



投資信託・・・ノーロード(手数料無料)インデックス運用をチェック!
■投資信託は1万円程度から始めることができ、ゆうちょ銀行などでも取り扱い始めたこともあって、ここ数年はとても人気があります。自動積み立てOKの投資信託や、海外の株式や債券を運用する特徴のある投資信託も出ていて人気は高まる一方です。

【投資信託のメリット】
・1万円程度からの投資が可能
・積み立て可能の投資信託が増えているので分散投資ができる
・個人では買いにくい外国の株や債券にも少額から投資可能

【投資信託のデメリット】
・手数料が意外に高い→ノーロード(手数料無料)の本数が増えてきたので、この中からまずは探してみることをオススメします。
例えば、ゆうちょ銀行で取り扱いのある投資信託の場合、各ファンド名をクリックして手数料の欄をチェックしてみると、販売手数料として1.5%から3%位。100万円の投資信託の購入の場合3万円もの手数料がかかってしまうことになります。それだけ利益が出てくれれば何の問題もないのですが・・・。

・投資信託の数が多く、一体どれを選んだらいいのかわかりにくい
→まずはノーロード(手数料無料)の中から、インデックス運用(運用する人の運用成績に左右されることのない、日経平均やTOPIXで運用するもの)から選んでみる

投資信託は以前からやっていましたが、いい運用もあれば悪いものもありました。

運用成績の悪かった投資信託は、

1度に1本だけに投資をしてしまった上、設定の時期が悪かった。結果的に高値掴みのような形に。
→少額ずつを買い増し続けたら分散投資ができた、と反省。

運用期間が短かった
→運用期間が決められていたこともあり、2年程度の短い運用に終わってしまった。投資信託はもっと長い目でコツコツ積み上げていくほうが結果的に有利ではないかと反省。

証券会社の「オススメ」を信じすぎていた
→アクティブ型のファンドを勧められるままに購入していた。手数料も計算に入れないといけません。
その反省を踏まえて、投資信託は

・少額ずつを分散して投資する、または毎月少額を買い続けていく。長期運用を心がける。

・信託期限(運用期間)が無期限であること

・投資信託は自分で選ぶこと、が大切。
→各社、投資信託の本数は多いのですが選びやすいです。

・手数料無料の【ノーロード】からさがしてみましょう。

・日経平均やTOPIXなどに連動するようなインデックスファンドをチェックしてみる。インデックスファンドは・国内株式・外国株式・国内債券・外国債券に分かれているので、この中からバランスよく組み合わせてみる。

・分配型ではなく無分配型、再投資型を選ぶ
→毎月分配型の投資信託はその都度税金がかかってくるし、分配金が払い出されることで、運用資産が減少するので複利効果が期待できなくなるから。

ポイントにしたいと思います。

インデックスファンドの場合・・・ノーロード(手数料無料)から探す
インデックスファンドというのは、日経平均やTOPIXに連動して値動きをするもの。このインデックスファンドを軸に投資信託を買っていくのが、初めて投資信託を始める方にはいいと思います。

インデックスファンドは、ざっくり分類して日本株式、外国株式、日本債券、外国債券に分かれているので、これを数本組み合わせて自分のファンドを考えてみます。

アクティブファンドの場合・・・「新興国」や「テーマ特化型」別カテゴリーをチェックしてみます。

昨年はインドやロシアなどの新興国ファンドが大ブームでした。テーマでは、自分が共感の持てるようなものをチェックしてみるといいと思います。

*但し、テーマ型は一過性のようなものもあって、設定した時が一番高かった・・・というようなものもあるので吟味が必要だと思います。

+++++++++++++++++++++
投資信託が初めてで少額とは言えども、毎月購入し続けることに不安がある方は、積み立てにしないで最低の単位(1万円前後)を数本に分けて買ったっていいんです。^^

基準価格はサイトで毎日チェックできます。高い日もあれば安い日もある、投資信託を買うってこんな感じなんだな、もう少しやってみようかな、と思ったらその時に改めて自動積み立てを考えてもOK。

小さな資金だって心配はつきもの。小回りが利くのがネット証券のいいところ。なかなか店舗の窓口ではやりにくいと思うのですが、ネット証券だったら大丈夫です。^^

ノーロードを中心に書きましたが、キャンペーンで手数料が全額キャッシュバックできる証券会社もあるので、そちらもチェックしてみよう。



マネックス証券で投資信託

投資信託の自動積み立てOK!ゆうちょ銀行OK。
まずはノーロード、積み立てが出来るファンド、マネックスセレクトファンドのカテゴリーなどからチェックしてみるといいと思います。

私は「マネックス資産設計ファンド」(育成型)を買っています。

楽天証券

■グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

*楽天証券で月々1000円からの投資信託の積み立てが可能になりました。コツコツ積み立てをしたい方はチェックしてください。

カブドットコム証券

カブドットコム証券1口500円から投資信託が購入できます。ランキングで探したいファンドを検索!


SBI証券

SBI証券・・・主要ネット証券屈指の取扱本数で、手数料無料の銘柄や積立買付銘柄も充実しています。

取扱本数は2012年9月3日現在で1,246本。
そのうち購入手数料無料のノーロードファンドは369本とネット証券最大規模のラインナップ!

500円から投資信託ができます。


HOME