HOME

ためしてガッテン(NHK)ポイント集

私はためしてガッテン(NHK)が好きなんです。(あるある派のほうが多いのかな?)

でも、通常放送(総合テレビ水曜日夜8時〜)では殆ど見たことがなく、深夜の再放送(現在「ためしてガッテン」の再放送は、総合テレビで火曜日午前1時10分から1時53分(月曜日の深夜にあたります)、衛星第2テレビで木曜日午後4時30分から5時13分)をよく見るんですがCMがなく、色々な疑問を実験を交えて理論的に説明してくれるところが好きです。もう10年以上放送されているんですね。(びっくり)

HPのほうには、詳しくその日のテーマを取り上げていますが、私のサイトではその日のテーマの要点、ポイントだけに絞ってまとめてみたいと思います。詳細を知りたい方はNHKのHPに行ってくださいね。おもしろ実験やレシピはためしてガッテン(NHK)で確認してください。


オリーブオイル ・保存は冷暗所。温度は10度から20度くらいの場所。シンクの下などがベスト。光の当らない場所がよい。
・ニオイをマスキングする効果があるので、癖のある料理に使うとよい。
・オリーブオイルは香りが命。強火調理は厳禁。弱火で調理するのがよい。


(血圧を下げる、骨粗しょう症予防、コレステロールを下げる、糖尿病予防、疲労回復)
・毎日大さじ1の「酢」が血圧を下げる(必ず5倍以上に薄めること)
・絶品「昆布酢」の作り方
(市販の穀物酢に昆布をつける。割合=酢100昆布10) 賞味期限2週間、昆布は1時間で引き上げるのが一番美味しい
・ガッテン流、酢の物の作り方
昆布酢:しょうゆ:みりん:水=1:1:1:4(加熱なし)
*必ずあわせ酢で酢洗いを行う。
とうもろこし ・究極のゆで方(お好みで)
→産地・・・沸騰してからゆでて3〜5分(シャッキリ新鮮)

→ガッテン流・・・水からゆでて3〜5分(ジューシー)
・保存(基本はすぐ食べること)

→チルド室に。皮とヒゲをとって、ポリ袋の中に入れてから保存

・屋台の味、焼きとうもろこしの作り方
→コツは生で焼くこと。加熱時間は

・両面焼きグリルの場合、強火で10分(5分後に、90度回転)

・片面焼きグリルの場合、強火で12分(3分ごとに、90度回転)

最後に、タレをつけてさらに、強火2分
にら
(にらを上下に分けて使うとより健康効果が)
・疲労回復にはにら単独よりも「にら(アリシン)+ビタミンB1」
葉先と根元で料理方法を変える(緑の濃いのが上、白っぽいのが下)
→上・・・レンジで調理。栄養分を壊さないのは電子レンジによる加熱方法、甘みも強くできる
→下・・・香りが強いのでレバニラなどの炒め物(細かく刻んだ方が栄養成分アリシンが342倍も発生)
アスパラガス

選び方は穂先がしまっているもの、紫色をしているもの
・アスパラの保存方法(横向きはダメ!)
→牛乳パックを切り、中に湿らせたティッシュなどを敷きます。これにアスパラを立てて入れ、冷蔵庫に保存します。(野菜室よりも冷蔵室へ)

・美味しいゆで方
→お湯(目安は3リットル)に、サラダ油 小さじ2を加える。(塩20グラムも一緒に入れるとよりよい)

湯が沸騰したらアスパラの根元だけを湯につけ(立て茹で)10秒。手を離して、アスパラ全体を湯に入れ(横にして茹でる)40秒。

※茹で上げた後は冷水などにとらずに、余熱で中まで火を通す。

・長期保存する場合はレンジで40秒、その後冷凍保存
ニンジン ニンジンの大誤解
・健康効果「油の迷惑な」誤解 → 加熱のみでも吸収アップ

・調理法「栄養を大損する」誤解 → 皮むき不要 丸ごと使って栄養アップ

・保存法「長もち神話の」誤解 → おすすめ保存は 密封・レンジ加熱

・保存方法
→ポリ袋などで密封し、乾燥を抑えること
 電子レンジで加熱したあと、密閉容器で保存すること