HOME
ネット銀行を使いこなそう
ネット銀行を使いこなそう

手数料が安いネット銀行

□高金利のネット銀行

送金に便利なネット銀行

セキュリティは大丈夫?

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

新生銀行

ジャパンネット銀行

■住信SBIネット銀行

■スルガ銀行ネットバンク支店



■FX

■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■日経225mini

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■普通株

■ミニ株

■プチ株

□口座管理にマネールック



自動車保険一括見積り
住信SBIネット銀行
ネット銀行は振り込み手数料が無料、定期預金が一般的な銀行と比べて高金利ということで人気があります。ネット銀行も一般の銀行と同じように万が一の場合でも「元本1000万円までと利息が保障」されますので、ぜひチェックしてみてください。

住信SBIネット銀行・・・目的別貯蓄などでコツコツ貯金がしやすいネット銀行です。特に定期預金は都市銀行と比較しても数倍金利がよいので比較してみて下さい。円定期特別キャンペーンは必見です。

*参考・・・みずほ銀行金利

◎住信SBIネット銀行では、円定期預金に特別金利を適用するキャンペーンを実施中です。元本保証のものにしか預けたくない、という安全性重視の方はチェックしてください。

また、キャンペーン期間中に口座を開設し、かつ「1年もの」以上の円定期預金を「総額100万円」以上預けられた方には、抽選で1000名に1万円のキャッシュバックがあります。

【ATM利用手数料】・・・残高にかかわらず基本的に無料。
ATM 預け入れ 引き出し 残高照会
セブン銀行 0円 0円 0円
ゆうちょ銀行 0円 合計で月5回まで無料 ※1

6回目からは 1回 105 円(税込)

0円
イーネット 0円 0円
ローソンATM 0円 0円

・ATM手数料・・・入金無料、出金はセブン銀行は無料、ゆうちょ銀行、ローソンATMは月5回まで無料。6回目からは105円の手数料がかかります。

・振り込み手数料・・・月3回までは無料。4回目からは1回150円(楽天銀行は除く)

【取引明細書】

自分で照会可能である入出金明細は、過去15ヵ月までが可能です。
2012年1月1日現在では、2011年9月1日以降であれば明細の照会が可能です。

また、過去15ヶ月よりも以前の明細については、1通あたり840円(1ヶ月単位)の手数料がかかります。(2012年1月現在)

例えば3ヶ月分であれば840円×3通=2,250円の手数料が必要になるので、最低1年に1度でもいいので、取引明細をプリントアウトしておくことをオススメします。

SBI証券を利用している方は住信SBIネット銀行と合わせて使うことでよりメリットが得られます。

両方に口座を持つことでより、利率の高い「SBI ハイブリッドTM預金」を利用することができますので既にSBI証券を使っている方は、ネットバンクは住信SBIネット銀行がおススメです。

住信SBIネット銀行の「SBI ハイブリッドTM預金」は、SBI証券住信SBIネット銀行の両方に口座を持つことで使うことができます。

住信SBIネット銀行の普通預金は0.06%、SBIハイブリッドTM預金は0.09%です。一般的な銀行の普通預金の金利は0.04%程度なので、いずれにしてもお得です。

「SBI ハイブリッドTM預金」は現物取引の買付代金や、信用取引における必要保証金・現引可能額に充当することができる画期的な銀行預金(円普通預金)です。

「SBI ハイブリッドTM預金」の残高は、SBI証券の買付余力に自動的に反映されるため、株式や投資信託の取引に使うことができます

「SBI ハイブリッドTM預金」に資金を振替えておけば、証券口座に資金を入金する手続きを省くことができます。

また、「SBI ハイブリッドTM預金」を利用すると、受渡日の翌営業日ではなく当日に出金できるようになります。

*円普通預金・SBI ハイブリッドTM預金・円定期預金の元本合計で1,000万円とそれに対する利息分まで、預金保険制度により保護されます。



【ちょっぴり投資をしてみたい方】

少額投資でスタートできるのが、ミニ株、プチ株、るいとう。大体5000円程度〜10万円もあればOK。

■メリット

・お小遣い程度の予算から購入が可能。

・普通株では高くて変えない人気の銘柄も【1株】や10分の1の単位から取引可能。時間をかけてまめ株を買って、いずれ単元株にすれば株主優待などももらうことが出来ます。

・少ない金額でも色々な銘柄を買うこともできるので、少ないながらもリスク分散投資が可能。本格的に始める前の練習に始めてみるのも。

■デメリット
・指値注文ができない
・少額投資なので大儲け〜、というほどの利益を得るのはちょっと難しいかも。



【ミニ株、プチ株、るいとうの比較】
商品名 ミニ株 プチ株 るいとう
取り扱い証券会社 マネックス証券 カブドットコム証券 各証券会社
特徴 ・議決権なし
・配当金あり
・株式分割あり
・議決権なし
・配当金あり
・株式分割あり
・株主権あり
・取扱証券会社名義
売買単位 単位株の10分の1 1株の整数倍かつ1単元未満の範囲(ただし1単元が1株超の銘柄に限る)
【例】
1単元が1,000株単位で売買されている銘柄の場合、1株から999株まで。
1銘柄につき1万円以上1,000円単位
かつ月間100万円に満たない範囲
取引方法 注文は注文を出したよく営業日の寄り付き。

ミニ株人気銘柄ランキング

・日計りトレード不可
成行注文。注文時間により、下記値段で約定。
■東証、大証、名証、福証、札証
前場の始値、もしくは後場の始値
■ジャスダックの売り
前場の始値または後場の終値
■ジャスダックの買い
翌営業日の前場の終値

■日計りトレード可能
・翌々日の始値
購入日は証券会社により異なる

・日計りトレード不可
手数料 一約定につき500円(消費税込み)
約定代金2万円まで105円、以降約定代金1万円増加まで毎に70円加算 各証券会社による


HOME