HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★女性専門の保険相談サイト「オズアイ」
★保険クリニック(セカンドオピニオンが人気
★あなたのFP
★保険ビュッフェ
★ゼクシィ保険(カップル向け)
★ほけんの窓口(来店型)

保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】

保険マンモス
失敗しない保険(死亡保障)見直しのポイント
■保険(死亡保障)の必要性をチェックしてみましょう。

死亡保障額は不足しても入りすぎでもダメ。保険に加入した時にはちょうどよくても、その後の生活の変化などで不足や多すぎが生じている場合もよくあります。安心して生活するためにはその時々の生活スタイルに合わせた保障が必要になります。

下の表は働き方や子供の有無、家の状況、貯蓄の有無によって、より保険の必要な方をピンク色に、比較すると低めな方をブルーにしてみました。

たくさんピンクがある方は、それなりに保険の準備が必要になります。逆にブルーの多い方は保険は減らして、その分何にでも使える貯蓄で準備するのが合理的だと思います。

例えば、最初は会社員だったけれど、独立してフリーランスになったという方は概ね保障を増やす方向での保険の見直しが必要になります。

民間の保険でしっかり備えるべき人は、夫の仕事が自営業、妻は専業主婦、子供有、家は賃貸、貯蓄は少ない、という順になります。

保険にあまり頼らなくていい方は、夫や妻が会社員や公務員の共働き、子供無し、持ち家、貯蓄のある方です。

両方を比較するとよりイメージしやすいかな、と思います。

保険が多すぎの傾向にあるのは、独身男性。私の経験上ですが、知らぬ間に・・・、そんなはずはないと思いますが、死亡保障に何千万も入っていることがとても多いです。

結婚した時に奥様は必ずチェック、そして保険の見直しはお忘れなく。保険料を安くした分、貯蓄でしっかり備えましょう。^^

*保険で備えることが必要な方をピンク色に、比較すると低めな方をブルー
比較対象 保険の必要性 理由
夫の職業 自営業、
フリーランス
会社員
公務員
夫が死亡後に給付される遺族年金は、会社員に比べて自営業の方が少ないから。
*会社員は国民年金と厚生年金の両方を毎月払っています。例えば、長期の休養が必要な場合、会社員の場合は最長1年6ヶ月の「傷病手当」がありますが、自営業はこれがありません。
妻の職業 専業主婦
パートタイム、アルバイト
会社員
公務員
夫の死亡により受ける経済的なダメージは会社員より、専業主婦やパートタイムの方が大きいため。
子供 無し 子供がいるほど養育費、教育費のための死亡保障が必要に。
賃貸 持ち家 夫が死亡すると、持ち家の場合には住宅ローンがなくなりますが、賃貸は家賃の支払が今後も続くため。
貯蓄 少ない 多い 夫の死亡による経済的ダメージは貯蓄が少ない家庭のほうが大きいため。

★必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)

生命保険選びのポイント




保険の見直し、相談は来店型保険代理店ほけんの窓口へ


保険のビュッフェは47都道府県(離島を除く)カバーする「訪問型」の保険相談です。

無料保険相談は大変人気で増えていますが、こちらの保険のビュッフェの特徴は、ファイナンシャルプランナーの平均経験年数が7.4年と非常に長いこと、そしてMDRTという世界的に評価の高い資格を3人に1人が取得しているのもポイントです。

MDRTは世界78の国と地域、約36,000名(2011年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。

FP資格はもちろんのこと、FPのプロフェッショナル基準でもあるMDRT保有者が相談に乗ってくれる、専門的なプロの保険相談ができるのが「保険のビュッフェ」です

特定の保険会社に属していない独立系のファイナンシャルプランナーなので、色々な会社の保険の提案をそれぞれのライフスタイルに合わせてオーダーメイドで作ってもらえます。

値段を重視するのか、保障重視か、会社のブランドを重視するのか、そういったものを沢山の中から比較して示してもらえるというのは、独立系ならです。家族構成や収入、貯金、会社の福利厚生、共働きか・・・など。色々なライフスタイルに対応できるのが独立系のFPがおススメできる点です。

同じ保障であるならば、保険料負担は少なく、リスクはしっかりカバー。

少ない保険料負担で、いかに色々なリスクを乗り越える知恵を出してくれるかが一流のFPだと思っています。

今まで一度も見直しをしたことがない方、保険料が高い、保障内容に不安のある方はぜひチェックしてみてください。保険相談は一切お金はかかりません。

保険のビュッフェ!


あなたのFP 無料保険相談
無料保険見直し相談