HOME

簡単!手作り調味料、手作りソースレシピ

身近な材料で簡単にできる手作りの調味料の作り方をご紹介します。安いので節約になるのはもちろん、工夫次第でバリエーションも広がるので楽しいです。^^
■塩麹
■手作りラー油レシピ

■手作りジェノバソース
ジップロックで作る梅干し
テンメンジャン・甘味噌 
コーヒーリキュール
■トマトペースト
■だし醤油
■米粉レシピ
■乾燥パセリ




【宅配野菜のレビュー】

・大地を守る会
ミレー
らでぃっしゅぼーや
・オイシックス

・スーパーケフィアヨーグルト

塩麹と甘酒のおいしいレシピ―料理・スウィーツ・保存食 麹のある暮らし

新品価格
¥1,470から
(2011/11/16 21:00時点)


伊勢惣 みやここうじ 500g

新品価格
¥840から
(2011/11/16 21:01時点)



麹の力でやわらかヘルシー  塩麹のおいしいレシピ

新品価格
¥1,260から
(2011/11/16 21:02時点)



免疫力をアップする、塩麹のおかず 60161‐74 (レタスクラブMOOK)

中古価格
¥1,504から
(2011/11/16 21:03時点)

塩麹
この頃よく見るようになった「塩麹」。私も今回初めてチャレンジしました。

塩麹でお肉やお魚漬けてから焼くと、とても柔らかく焼けます。私は豚肉のしょうが焼きの時に塩麹に漬けてから焼いてみたのですが、いつもより柔らかくできたと思います。

野菜の浅漬けはマイルドな塩気でこちらも美味しくできました。分量的には大さじ1、2程度しか使わないのですが、品のいい塩味と旨み、甘みなどが感じられて奥の深い調味料だと思います。

優秀な調味料だと思いますし、今回だけでなくずーっと作り続けて使っていきたいと思っています。

【塩麹】
TBSのはなまるマーケットのレシピをお借りしました。
■材料・・・乾燥米こうじ200g、塩60g、水300cc

塩麹の材料
■作り方

・乾燥麹をバラバラにほぐしボウルに入れ、そこに「塩」を加え、 なじむように混ぜたら、水を加えてさらに混ぜる。

・密閉容器(タッパー)に移し、フタを少しゆるめた状態で常温に置く。(2〜3日に1度かき混ぜる。) 1週間から10日ほど常温で放置して熟成させれば完成。

※気温が暖かくなると発酵が進んで麹と水が分離することがあるので1日1回混ると良い。

初日の様子
使用している容器は野田琺瑯レクタングル深型M(満タンで850cc)にちょうど収まります。

お湯を使うレシピもあるようでしたが、今回のはなまるマーケットレシピはお水でした。

だから、材料さえあればとても簡単です。

材料を混ぜてしまえば、後は1週間から10日でOKです。

ふたは緩めて置いたほうがいいそうです。

2日目
見た目はちょっと不安なのですが、香りがとってもいいんですよ。

甘酒のような、甘い香りがしてきます。

バナナのようなそんな感じの時もありました。

時々全体をかき混ぜます。

8日目
そして、こちらが8日目。

この段階で冷蔵庫に入れることにして、この状態でお料理に使います。

香りは甘さは少し納まった感じですが、上品な日本酒のような香りがして早く味見がしてみたかったです。

乾燥米こうじを使いました。

塩麹を作るだけだったら、最初は500g位からでも十分だと思います。

味付けには大さじ1、2程度しか使わないので、使う量にもよりますが、2人家族だったら多分2、3ヶ月は持つんじゃないかな。

使う分量のイメージとしてはお醤油と塩の中間という感じかな。

お肉やお魚を漬けるのにも、重量の10%程度でいいので、お肉などにほんの少しポツポツと麹が乗る位しか使いません。

焼くとほんのり麹の香りがして、お肉も柔らかくなっているようで、とっても美味しいです。塩麹だけで焼いてもいいみたいです。
お肉の10%程度の塩麹でOK。
【豚肉の塩麹生姜焼き】

■材料(2人分)・・・豚肉薄切り200g、生姜1かけ、塩麹20g、醤油大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ1、オリーブオイル大さじ1

■作り方<br>
・豚肉を広げて塩麹をまぶして、ビニールなどに入れて空気をぬいて2,3時間冷蔵庫に。

・ボールに調味料とおろし生姜、そして塩麹のついた豚肉を入れてよくもみます。

・フライパンにオリーブオイルを熱して両面をこんがりと焼いたら出来上がり。

2、3週間後の塩麹卵が楽しみです。^^

本当に2,3週間も漬けておいて大丈夫なのかと思い、レシピを参考にさせていただいた「みやこ麹」さんに聞いてみたら、もちろん大丈夫で実験済みとのことでした。
【塩麹卵】

■材料・・・半熟ゆで卵、塩麹はゆで卵の重量の10%程度

■作り方

・ゆで卵の殻をむいて、塩麹をまぶしジップロックなどの密封袋に入れて2、3日過ぎからいただけるようです。

でも、本当に美味しいのは2,3週間熟成させたものだそうです。
数時間で出したものは、マイルドな味つき卵みたい。沢山ゆで卵を作ったので、ぜひ2、3週間後に出していただいてみようと思います。

塩気がマイルドで、しかも奥深さも兼ね備えてる感じ。

塩麹にすごいポテンシャルを感じましたよ。^^ご飯にかけてもいいし、何しろ発酵食品なので体にいいですよね。お料理のさしすせそ、ってありますがそこに+αとして加えたいし、いつも常備したいと思いました。
塩麹と【だし】をお豆腐にかけたもの。
レシピの元はこちらの「レディース4塩麹レシピ」。

■材料(2人分)・・・豆腐1丁、塩麹大さじ1、ごま油小さじ半分、ミョウガ(おろし)1個、ショウガ(おろし)1片、オクラ2個、万能ネギ2本、青しそ8枚*実際には冥加と万能ねぎはありませんでしたが、それでも十分美味しかったです。

■作り方

・豆腐は普通に食べやすくカットして器に。(私は軽く水切りをしました)

・食材をおろしたり、みじん切りにして塩麹とよーく混ぜます。これをお豆腐にトッピングしたら出来上がり。

普段あまり積極的にお漬物をいただかない夫も山盛りで食べてくれました。
塩味がマイルドになっていて上品で奥深い味なんです。野菜も水分が程よく抜けて歯ごたえもよくなってます。ますます塩麹のことが知りたくなりました。^^
【野菜の塩麹漬け】

レシピは「みやこ麹」さん。

大根やきゅうりなどをスティック状に切りそろえたら、その野菜の重量の1割ほどをまぶして、ビニール袋などに入れて2時間程からいただけます。もっと漬けると更に美味しいようです。

野菜の300gに塩麹30gというと、大さじ1程度のほんの少しだけなのでこれで味がつくのかちょっと心配でした。

でも、しばらくするとどんどん水分が出てきて浅漬け状態に。

今回は2時間程度で引き上げていただいたのですが、これも本当にウマイ!
【鶏の胸肉の塩麹漬け焼き】

鶏の胸肉と鶏肉の1割程度の重さの塩麹をビニール袋などに入れて3時間程度漬けておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れてこんがりと焼いて、片面には黒こしょうをたっぷり振って焼きます。

鶏のしっとり柔らかくいただけます。調味料は黒こしょうを足すだけでOK!