HOME

今の自動車保険はさらに安くなる!

〜1年ごとに見直せばまだまだ安くなる〜
■おススメカテゴリー

はじめに

ネット通販、なぜ安い?

自動車保険、安くなる人はこんな人

自動車保険、高くなる人はこんな人

40,50代が安い自動車保険

自賠責保険と自動車保険

補償内容、割引、特約

無料ロードサービス

自動車保険安くするポイント

もっと安くする自動車保険

セカンドカー割引、ミニフリート契約

等級制度

各社自動車保険の特色

見積もりでもれなく500円分の商品券がもらえるサイトの紹介

見積もりから契約まで

保険契約のあとに確認すること


■アクサダイレクトの自動車保険最大で1万円の割引

■イーデザイン損保1万円の割引

■自動車保険ズバッと比較

自動車保険一括見積り

■車の買取、無料査定



■カーシェアリングで節約
インズウェブ自動車保険一括見積りサービス
セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!

40代、50代の方の自動車保険料が割安になる、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」は、年齢別の事故率にあわせた1歳刻みの保険料体系です。(他社は30代以上、40代以上、というようにもっとざっくりした保険料の体系が各社ごとに組まれています)

主な運転者の年齢に合わせて保険料設定するので、事故率の低い40〜50代の保険料が一番安い水準となります。また、こどもが親の車を運転する場合などは、主な運転者である親の年齢にあわせるので割安です。

基本補償は、対人、対物、無保険車傷害の3つが無制限となっていて、この部分は変更ができません。ここに人身傷害保険や車両保険をプラスしていく形になります。

1歳刻みで保険料を事故率に合わせているため、従来のセゾン自動車火災保険の自動車保険と比較しても、特に40代、50代の方の保険料は割安となっていますので、該当する世代の方はチェックしてみてください。


 
インズウェブマックカードを全員に
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!

最大20社、一括で見積もりができます。

無料の見積もりをするだけで500円のマックカードがもらえます。

保険料の安さではネット系が安い

保険料の節約を考えたときにはずせないのは、やっぱりネット系、直販系損保です。ネットショッピングなどでも品物の安さを経験された方もいらっしゃると思います。人件費などが節約できる分保険料にもその安さを反映させることができています。

また、証券を発行しないことで割引、ネットから契約することで計算した保険料から更に1万円の割引きなど、保険料の安さでは圧倒的にネット損保が安いですので、数社で比較検討しましょう。

■保険料の安さだけが売りではない直販系の自動車保険

自動車保険料の安さで低価格をリードしている直販系、通販タイプの保険ですが、顧客満足度の点においても満足度が高いというアンケート結果が出ているのをご存知ですか?

こちらはインズウェブ保険満足度アンケート結果です。

実際に事故に遭遇したことのある方にアンケート調査を行ったそうですが、これを見ると直販系の事故対応満足度の高さが伺えます。(今後毎年実施するそうですので参考になさってみてください。)

ベテランドライバーさんも「前年同条件」ですんなり契約するのはNGです。^^しっかり見積もりを取ってみましょう。


■イーデザイン損保1万円の割引

イーデザイン損保【一人一人に最適な保険を】というコンセプトで損保業界最大手の東京海上グループと通信業界大手のNTTグループとの提携により誕生した通販型のネット損保です。

新規でも更新契約でもネットからの契約で1万円の割引があります。業界最高水準といっていいと思います。

イーデザイン損保の詳細はこちら
carview
自動車保険一括見積り


●保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!

自動車保険のSBI損保

●ムダを省いた必要補償の目安(見積もりの際の参考にしてください)
対人・対物賠償 無制限
人身傷害補償 3000万円〜(自分や同乗者の入院費用の実費分が示談を待たずにもらえます。これは入っておいたほうがいいです。)
搭乗者傷害保険 0円(人身傷害で入院費などの実費は出るし、医療保険に入っていれば二重にかけていることになるので「0」)
ABSやエアバック付 割引*補償や割引、特約について
家族限定、夫婦限定 運転者が限られている場合
年齢条件 お誕生日などが来て年齢条件に変更はないかチェック。全年齢が高く30歳以上が安くなる。
運転免許の色 ゴールドが安い
車両保険 貯蓄で備えられるならつけないという選択もあり。
車両保険をつける場合 保険料のことだけを考えた場合、「一般車両」を「エコノミー+A」に変えるだけでもかなりの削減になるはず。一般車両とエコノミー+Aの違いは【当て逃げ、単独事故】の補償がないところ。
・その他、実態に合わせて入力すればOK♪見積もりをする際の目安にしてみてくださいね。

*詳しくはこちら