HOME
ボーナス、どこで殖やす?

安全派も積極派もしっかり選ぼう!


保険相談でギフト券が全プレ!詳しくはこちら!


■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■普通株

■NISA(ニーサ)口座とは?

■プチ株

■1000円からの純金積立

セゾン資産形成の達人ファンド

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

■FX

平成26年度(2014年)から証券税制が変わります!
NISA(ニーサ)少額投資非課税制度を利用してお得に!
現在の証券優遇税制(10%軽減税率)は2013年度末に終了して、2014年からは、20%に変わります。

株式投信や上場株式の売買益、分配金や配当金等が、2014年から10%→20%に変更されることになります。ETFやJーREITも対象です。

但し、NISA(ニーサ)少額投資非課税制度を活用すれば、NISA口座で購入した株式投信や上場株式の売買益、分配金や配当金等が非課税となります。NISA口座は、平成26年から平成15年までの10年間開設することができます。

NISAは個人投資家の中長期の資産運用を応援する制度で、日本にお住まいの20歳以上の方は口座を開設することで利用が可能となります。

・非課税期間は、投資を始めた年を含めて5年
・5年間の非課税期間終了時点の評価額で100万円までを翌年の非課税投資枠に繰越ができる

・毎年100万円まで非課税投資枠として購入ができ、最大5年分100万円×5年=500万円を非課税とすることができる

・すでに所有している株式投資信託などをNISA口座に移すことができません。あくまでも、NISAで新たに購入したものが対象となります。

・NISA口座は、すべての金融機関を通じて、ひとり1口座に限り開設することができます。たくさんの証券会社等から、NISAを開設することができるのは、(今後変更するかもしれませんが、今のところ)ひとつだけ可能ということです。

現在証券会社に口座をお持ちの方も、NISA口座開設の手続きは改めて必要となります。NISA口座開設に必要書類は住民票の提出が必要になります。


マネックス証券で投資信託

投資信託の自動積み立てOK!ゆうちょ銀行OK。
まずはノーロード、積み立てが出来るファンド、マネックスセレクトファンドのカテゴリーなどからチェックしてみるといいと思います。

私は「マネックス資産設計ファンド」(育成型)を買っています。

楽天証券

■グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!1000円から投資信託ができます。


カブドットコム証券

カブドットコム証券1口500円から投資信託が購入できます。ランキングで探したいファンドを検索!

SBI証券

SBI証券・・・主要ネット証券屈指の取扱本数で、手数料無料の銘柄や積立買付銘柄も充実しています。

取扱本数は2012年9月3日現在で1,246本。
そのうち購入手数料無料のノーロードファンドは369本とネット証券最大規模のラインナップ!

500円から投資信託ができます。


HOME