HOME 洗剤に頼らない生活を目指して

 
なるべく洗剤に頼らない生活を目指しています。「○○専用」という洗剤はできるだけ使わないようにしています。

普段の台所掃除は簡単な汚れはアクリルたわしで、油汚れのひどいものは紙でふき取ってから洗います。これだけでもずいぶん違います。シンクもギトギトにならないので以前ほどお皿洗いは嫌ではなくなりました。汚れの軽いうちにささっと汚れを落とすことが時間の節約、軽めの洗剤で落とせるコツだと思います。たくさんの洗剤をそろえなくていいところはスペースの節約にもつながります。やっぱり汚れの軽いうちにささっと片付けるのがいいようです。

タオルでふき掃除
タイトルにひかれて、買ってしまいました。

色々な洗剤はもとより、スポンジ、掃除機、はたきなど「掃除」といって思いつくものは一切不要。必要なのは数枚のタオルだけというお掃除方法。

著者の方は決してお掃除好きの方ではありません。だから、お掃除の得意ではない方(私)の気持ちがよくわかってらっしゃる。^^

場所によってタオルを4つ折りにしたり、お絞りのように丸めたり、ちょっと湿らせたり、はたきのように使ってみたり・・・とホントにタオル七変化。

私はふき掃除が苦手で後回しにして、「げ、こんなところにほこりが・・・」と思うタイプだったんですが、この本読んでちょっと変わりましたよ。

とにかく気負いがないお掃除スタイルが私にぴったりでした。
野菜の皮など
◇大根の頭・・・葉っぱはゆでて刻んで食べて、その下の固い部分、切り口にクレンザーをつけると水垢が綺麗に取れます。

◇ジャガイモの皮・・・コップやグラスはじゃがいもの皮でピカピカになります。でんぷんの粒子が細かいのでいいみたいです。皮ではさむようにしてやってみてください。

◇タマゴのから・・・タマゴのからを細かく砕いて、麦茶のビンや細長い洗いにくい容器などに水を入れてシャカシャカシェイク。

◇飲んだ後のティーバッグ・・・油汚れでべたべたのガスレンジなどを、これで拭くとさっぱりします。

◇お茶ガラ・・・畳の部屋などの掃除の時に、湿り気のあるお茶ガラをまいてほうきではきます。ホコリが舞い上がらないのでいい感じです。昔からあるお掃除の方法です。
アクリルたわし

・アクリル100%を選んで編む

・汚れが落ちにくいと思ったら、すぐに新しいものに変えて古いものはシンクなどに使っていく。

・水を含みやすく不潔になりやすいので、ぎっちり編んでいくよりは少し隙間を入れて編み、使い終わったら絞って保管する。
・軽い油汚れならこれだけでOKです
・一度使ってみるとあまりの効果にちょっとびっくりするかも。
・木のお箸やおわんはちょっと落ちが悪い。
・古いセーターなどを使えば節約効果アップ!
・お風呂の水垢にも有効だということです。少し大きめにつくってぜひトライしてみてください!(ダーマさんより)
・寿司酢などではない、安価な醸造酢を使う。

・金属に「酸」が残るとさびるのできちんと水ですすぐ
・アルカリ性の汚れ
(シンク・の白い汚れ、石鹸かすなど)
・カランや蛇口の水垢
・シャワーのめずまり
・洗面鏡の水垢
・浴室のにおいとり
重曹
・アルミにアルカリ成分が残ると変色するのできちんと水で流す。
・石油系の汚れは落ちません
クレンザーのように使う

・粒子が細かいのでシンクを洗っても傷がつきにくいです。
消臭効果抜群
・口の広いびんに重曹を入れて、冷蔵庫、靴箱に。
 じゅうたんに振りかけて掃除機で吸い込む、または生ごみなどにふりかけて。
・排水溝にカップ1程度の重曹を流してにおいとり

頑固な汚れ
・五徳など頑固な汚れは、大きな鍋にお湯を沸かして大さじ3杯程度の重曹を溶かしてその中に五徳を入れてぐつぐつ煮る。そのまま冷ましてたわしでこする。(汚れがつるりと落ちて気持ちがいいです)
エタノール消毒液
プラスティック製品などの
手垢汚れに。

2度ぶきいらず

・冷蔵庫の中の消毒をかねてのそうじ。

洗濯機や浄水機などのホースの黒ずみに。中性洗剤をつけてもびくともしなかった汚れがエタノールで拭いたらあっという間です。お掃除は洗剤と汚れがぴったりあった瞬間て嬉しいですね!

・そのほか洗剤を用いたくないようなもの、たとえばHBや炊飯器の外側のお掃除などに。拭いていくそばからアルコールが乾燥していくので2度ぶきの手間が省けて便利です。