HOME

今の自動車保険はさらに安くなる!

〜1年ごとに見直せばまだまだ安くなる〜
■おススメカテゴリー

はじめに

ネット通販、なぜ安い?

自動車保険、安くなる人はこんな人

自動車保険、高くなる人はこんな人

自賠責保険と自動車保険

補償内容、割引、特約

無料ロードサービス

自動車保険安くするポイント

もっと安くする自動車保険

セカンドカー割引、ミニフリート契約

見積もりでもれなく500円分の商品券がもらえるサイトの紹介

見積もりから契約まで

保険契約のあとに確認すること



■アクサダイレクトの自動車保険最大で1万円の割引

■チューリッヒの自動車保険
最大で7000円の割引き

SBI損保自動車保険
一律6000円の割り引き


■イーデザイン損保1万円の割引

自動車保険一括見積り

■車の買取、無料査定

■カーシェアリングで節約
もっと安くする自動車保険
■傷害部分を見直す

●人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の2つ入る必要があるか?

人身傷害補償保険・・・交通事故全般で傷害により損害が担保されます。車外であって、自動車事故にあったとき、自転車で転倒した場合も補償されます。車に乗ってなくてもOK。過失割合に応じて保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険・・・保険をかけている自動車に乗っているとき、傷害による損害が補償されます。過失割合に関係なく保険金が支払われます。

人身傷害補償保険のみをつけて、搭乗者傷害保険を外す(または最低額をつけるという選択も可能です。

●傷害保険に別に入っている場合、「人身傷害の被保険自動車登場中のみ補償特約」」(保険をかけている車に乗っているときだけ保険金がもらえる特約)をつけることで、保険料が安くなります。車外のケガは傷害保険のほうで出るので重複する必要はありません。


■原付バイクに、別に任意保険をつけている方

自動車保険の「ファミリーバイク特約」にすると、保険料がかなり安くなります。125cc以下なら何台でもOK。たくさん原付バイクをお持ちの方で、それぞれに任意保険をつけているとしたら、かなりの保険料の節約になります。

自動車保険安くするポイント


インズウェブ自動車保険一括見積りサービス
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!


【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス



●ムダを省いた必要補償の目安(見積もりの際の参考にしてください)
対人・対物賠償 無制限
人身傷害補償 3000万円〜(自分や同乗者の入院費用の実費分が示談を待たずにもらえます。これは入っておいたほうがいいです。)
搭乗者傷害保険 0円(人身傷害で入院費などの実費は出るし、医療保険に入っていれば二重にかけていることになるので「0」)
ABSやエアバック付 割引*補償や割引、特約について
家族限定、夫婦限定 運転者が限られている場合
年齢条件 お誕生日などが来て年齢条件に変更はないかチェック。全年齢が高く30歳以上が安くなる。
運転免許の色 ゴールドが安い
車両保険 貯蓄で備えられるならつけないという選択もあり。
車両保険をつける場合 保険料のことだけを考えた場合、「一般車両」を「エコノミー+A」に変えるだけでもかなりの削減になるはず。一般車両とエコノミー+Aの違いは【当て逃げ、単独事故】の補償がないところ。
・その他、実態に合わせて入力すればOK♪見積もりをする際の目安にしてみてくださいね。

*詳しくはこちら


HOME