HOME

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント
■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談
・電話で完結!FP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
保険ショップの活用方法
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
おすすめの保険
長割り終身 東京海上日動あんしん生命
損保ジャパンDIY生命の1年組立保険
オリックス生命の医療保険CURE(キュア
オリックス生命の医療保険キュアレディ
アフラック「新EVER」
(終身医療保険)
女性医療保険【フェミニーヌ】
ネクスティア生命の「カチッと定期」「カチッと医療」
アフラックのがん保険Days
個人年金
■アフラックの個人年金
年代別の提案
■独身女性の場合
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■がん保険の選び方
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■アフラックのこども保険
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト

生命保険会社が破綻した場合の契約はどうなる?

・生命保険会社が破綻したら契約はどうなるのでしょうか?

・・・・生命保険会社の経営が破綻した場合、「生命保険契約者保護者機構」により契約者保護が図られます。国内で営業をしているすべての保険会社が加入しています。

■救済保険会社が現れた場合
破綻保険会社の保険契約は、「救済保険会社」による保険契約の移転、合併、株式取得に折は単語も継続することができる

■救済保険会社が現れなかった場合
破綻保険会社の保険契約は「承継保険会社(保護機構が設立する子会社)」によってしょうけいされること、もしくは「保護機構」自らの引き受けで破綻後も継続することができる。

以上のようにどちらの場合でも、破綻後も契約を継続できますが、責任準備金の削減が行われることがあります。(責任準備金とは将来の保険金、年金、配当金の支払いに備えて、保険料や運用収益などを財源として積み立てているお金のこと)大まかにいうと、保障性の高い保険、たとえば定期保険、医療保険などは補償金額の減少は小さく、貯蓄性の高い養老保険、終身保険、個人年金などは減少額が多くなります。また、契約時期でみると、予定利率の高い時期の契約の減少幅が大きいです。

<無料>生命保険の見直し相談

FPによる無料の生命保険の相談を受けました。レポートはこちら!!


FP主婦のおいしい節約生活トップへ