HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★保険見直し本舗(来店型)
★あなたのFP
★保険ビュッフェ
★保険ゲート

★女性専門の保険相談サイト「オズアイ
保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】

税 金(税金の負担が軽くなる生命保険料控除)

保険相談で賢く節約 保険のビュッフェ
税金の負担が軽くなる生命保険料控除

・一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つがあります。
それぞれ払い込んだh件料の一定額がその都市の所得控除の対象となって、所得税と住民税の負担が減税されます。

対象となる保険の範囲

■一般の生命保険料・・・保険金の受取人が契約者かあるいは配偶者、その他の親族(6新党以内の血族と3親等以内の姻族)である保険の保険料。財形や保険期間が5年以内の貯蓄保険、団体信用生命保険などは対象外。

■個人年金保険・・・次の全ての条件を満たし、「個人年金保険料税率適格特約」をつけた契約の保険料。
・年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれか。
・年金受取人は被保険者と同一人であること。
・保険料払い込み期間が10年以上であること。(一時払いは対象外)
・年金の種類が確定年金や有期年金の場合、年金受け取り開始が60歳以降で、かつ年金受け取り期間が10年以上であること。


生命保険料控除の手続き

■会社員の場合・・・生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を「給与所得者の保険料控除等申告書」に添付して、勤務先に提出して年末調整で控除を受ける

■自営業者の場合・・・翌年2月16日から3月15日までの所得税の確定申告において、「生命保険料控除証明書」が確定申告に添付。

所得税の生命保険料控除
区分 年間払い済み保険料 控除される額
生命保険、個人年金の場合 25000円以下の場合 年間払い込み保険料全額
25000円を超え、50000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/2)+12500円
50000円を超え、100000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/4)+250000円
1000000円を超える場合 一律50000円

住民税の生命保険料控除
区分 年間払い済み保険料 控除される額
生命保険、個人年金の場合 15000円以下の場合 年間払い込み保険料全額
15000円を超え、40000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/2)+7500円
40000円を超え、70000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/4)+17500円
70000円を超える場合 一律35000円

【おススメ!来店型保険ショップ】

保険の無料相談には大きく分けて、【来店型】、【訪問型】があります。来店型はスーパーなどの一角に店舗を設けていて、そちらに相談者が行ってFPと面談する方式です。

特に最近人気のあるのがこの来店型の保険相談です。直接FPと会って相談することで資料などを提供してもらいながら相談ができ、スーパーなどの店舗にあるので、お買い物のついでに気軽に保険相談ができます

【当サイト内 FP無料保険相談人気サイト】
保険ナビ・・・お買い物のついでに気軽に保険相談ができます。
保険見直し本舗 ・・お買い物のついでに気軽に保険相談ができます。
ほけんの窓口・・・丁寧な保険相談で人気。
★みつばち保険ファーム・・・キッズルームがあるのでお子様連れも安心。




無料保険相談実施中!ほけんの窓口

相談実績年間 100万件以上。無料保険相談実施中! ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。


保険見直し本舗はイトーヨーカドーやイオンなどの店舗の中に設置されていて、ネットで予約をして相談者が近くの店舗に出向いてFPと相談をします。

取り扱い保険会社は約50社と保険見直しサイトの中でもかなりの多さだと思います。グループ会社は「保険スクエアbang!」のウエブクルー(東証二部上場)。同じグループで、電話で無料相談のできる【保険相談.com】があり、こちらもおススメです。


保険見直し本舗
TVCMでおなじみの「保険見直し本舗」。来店予約をして、店舗で保険相談をする来店型です。東証マザーズ上場会社のグループ会社。

・日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社を誇り、コンサルティングアドバイザーの90%が女性です。

・累計50万件以上の契約実績があります。