HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント
■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談
★保険見直し本舗(来店型)
★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★あなたのFP
★保険アドバイザーズ
★保険ゲート
★保険ビュッフェ
★ゼクシィ保険(カップル向け)
★ほけんの窓口(来店型)
保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
年代別の提案
■独身女性の場合
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■がん保険の選び方
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】

保険のビュッフェ

保険を見直す時期 (ライフステージ別)

保険を見直す時期や新たに加入する時期を考えてみると、

就職→結婚→子供の誕生→(転職)→子供の独立→退職・・・などがあると思います。

末っ子の誕生時を最高の保障額にしておいて、小学校に上がった頃に保障額を下げる。子供が就職する頃、あらに保障額を減らす。以降子供が全員独立したら思い切った減額をする。


就職してから数年は、自分が死んでも誰も金銭的に困ることがないので(普通)、保障は低めでもOK.。医療保険を中心に考えて、あとはしっかり貯金をする。

結婚して、子供が誕生するときに教育費はどのくらいかかるか計算する。子供一人当たりの教育費は公立の大学を想定すると「1人1000万円」。2人だったら2000万円。

子供の教育費のかけ方に関しては、その家庭の考えがとてもよく出るところだと思います。私立の大学に行かせると1人1600万円という試算もあるので、ご夫婦で相談が必要な時期だと思います。また末の子供の卒業を減額するタイミングにするといいと思う。

子供に学資保険、こども保険、傷害保険が考えられる

転職して自由業などになる場合、遺族年金の保障が薄くなる分上乗せを考える。(500万円〜1000万円程度)また入院中の収入が心配であれば所得保障の加入を検討する。

40代ころから、場合によってはがん保険に入ることを検討する。がんになるリスクがあがるため。末っ子の独立以降は病気に備える医療保険の充実に重点をおく。女性の場合は女性特有の病気に備えることも考える時期です。

ざっとこんな感じで、人によってはもっと細かく見直すこともあるかもしれないけど、いずれにしても、一度入ってしまってそれ以降は保険証券はみてなーい、っていうのはやっぱりだめですよね。

現実の生活を保険が苦しめてる場合は、解約までしなくても保障額を引き下げたり、通販の生保に入ることで保険料を安くもできます。

よく見るとダブって入ってしまってるものもあるかもしれません。
色々入りすぎていて面倒という方は最初から無料のFP相談があります。とりあえずそちらへご相談してみてくださいね。ムダがみつかって保険料が下がったらラッキーですね。

保険の無料相談には大きく分けて、【来店型】、【訪問型】があります。来店型はスーパーなどの一角に店舗を設けていて、そちらに相談者が行ってFPと面談する方式です。

特に最近人気のあるのがこの来店型の保険相談です。直接FPと会って相談することで資料などを提供してもらいながら相談ができ、スーパーなどの店舗にあるので、お買い物のついでに気軽に保険相談ができます

【当サイト内 FP無料保険相談人気サイト】
保険ナビ・・・お買い物のついでに気軽に保険相談ができます。
ほけんの窓口・・・丁寧な保険相談で人気。
保険見直し本舗」・・・・日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社を誇り、コンサルティングアドバイザーの90%が女性です。
・子育て世代の悩みや課題を把握した、「子育て保険アドバイザー」が、ママのライフプランにぴったりの保険プランや学資保険などを提案します。
・累計50万件以上の契約実績があります。


無料保険相談実施中!
ほけんの窓口

相談実績年間 100万件以上。無料保険相談実施中!
ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。


生命保険 見直し
保険クリニック


保険クリニックは全国140以上の店舗を展開中。保険の「セカンドオピニオンサービス」を実施しています。これは複数社の保険商品を扱い、独自の『保険IQシステム』を持っていることが可能にしています。


FP主婦のおいしい節約生活トップへ