HOME

主婦が満期保険金を受け取ったら?


一時払い用用保険は5年を基準に注意が必要です。
■一時払い養老などの満期保険金は5年超か否かで、計算方法が違ってきます。

●一時払い養老
一時払い養老 保険期間が5年以下 源泉分離課税
保険期間が5年超で5年以内で解約
保険期間が5年超 一時所得

●保険期間5年以下の一時払い養老保険
源泉分離課税の場合は、満期を迎えた時に収益金に対して20パーセントの税金が差し引かれるので、そこで完了です。

●保険期間5年超の一時払い養老保険・・・一時所得

配偶者控除となるための判定は、「全ての所得を含めた年間所得が38万円以下」です。すなわち、一時払い養老保険により所得がこの38万円以下であれば控除の対象となります、

(例)夫の扶養になっている妻が一時払い養老保険(保険期間10年)が満期となって、90万円の収益金を受け取ります。これは配偶者控除の対象となるか?

 一時所得の計算(保険期間が5年超)
 (収益金−特別控除(50万円が限度))×2分の1


(90万円ー50万円)×2分の1=一時所得の金額=20万円・・・38万円以下なので配偶者控除の対象となります。

*収益金は(満期保険金+合算支払いされる配当金)-既に支払った正味保険料

*平成16年分より、配偶者特別控除は税制の改正によって全額認められなくなりました。