HOME

「粉だし」を作ろう


粉だしで添加物ゼロの味
以前から粉だしに興味はあったものの、用意が面倒な気がしてのびのびになっていました。

しかし、NHKの生活ほっとモーニングとこちらの粉だしの作り方を見ると思っていたより簡単だということがわかりました。l

それで早速干ししいたけと昆布を粉だしにしました。それで作ったのがこのけんちん汁。美味しかったです♪

粉だしを作りました(うちのは粒だしかも・・・笑)

しいたけ


我が家のフードプロセッサーはブラウン社のもの
粉だし作りに便利なミルサーはこちら

こんぶ
粉だしを作るのに適しているのはミキサーやミルサーなどだそうです。フードプロセッサーは不向きのようです。

相当がんがん回したのですが、これが限界!でも家用には十分だとしてこの辺でやめときました。

保存はジップロックやビンなどでOKです。

粉だしでけんちん汁(こんなにおいしくていいの〜?)

2人分のだしは干ししいたけと鰹節を各小さじ1程度。
多すぎても美味しくないようです。


■作り方
・豆腐はレンジでチンをしてしっかり水を切っておきます ・泡だて器で豆腐を崩します
・ごぼうはささがき、ジャガイモはカレーに入れるような感じに、にんじん、大根はイチョウ義理、油揚げは短冊に切っておきます(大体同じくらいの大きさにそろえてください)
・鍋にごま油を熱して、崩した豆腐をよくいためます
・その後他の材料を入れてだし汁を加えます
・ジャガイモが柔らかくなったら、塩、醤油で味を調えて、お椀に盛る際に長ネギなどを散らせます(今日は大根の葉っぱ)
材料(2人分)・・・木綿豆腐4分の1丁、油揚げ2分の1枚 ジャガイモ1個、にんじん3分の1本、ごぼう5センチ、大根5センチ だし汁2カップ、ごま油大さじ1、塩少々、醤油少々


●「うまい!」ってすぐ言いましたよ、うちの夫。「やった〜!」やっぱりだしって大事ですよね。あんまり味のことうるさくない夫が、すぐ敏感に反応したので、なんだかんだ言ってもやっぱりだしは大切だと痛感・・・。1度作ってしまえばそれほど頻繁にミキサーで作る必要もなさそうです。1度に使う量もほんの少しです。しかも無添加、塩分も入ってないからカラダのことを考えるとやっぱりよさそうですよね。

●汁を透明にしたいもののようなとき、売られている粉末のだしは消えますが、これは残りますので、そういう時はだしパックなどを利用するといいみたいです。栄養と思って食べちゃえますけどね。

●その他粉だしに適しているのが、桜海老、煮干、貝柱など。

●保存はビンやジップロックなどに。かさが減るので収納も楽チンです。

「粉だし」で極上シンプルだし宣言 「粉だし」で極上シンプルだし宣言

著者:山本麗子
出版社:講談社


本体価格:1,700円
山本麗子さんが番組を持っているLaLaテレビでも時々粉だしを使っています。

お料理番組などでも引っ張りだこの山本麗子さん。いつも楽しそうにお料理している姿がとっても好感がもてます。

1冊あると粉だしが自由自在に使えそうです。
粉だしお試しセット
粉だしお試しセット
築地仲卸の伏高さんの粉だしお試しセット
     
■ずぼら料理研究家(本当は合理的な賢い料理家だと思います!!)の奥薗さんがこちらでレシピを寄せていらっしゃいます。

■商品情報はもちろんですが、だしのことについて知りたい方もこちらのサイト役に立つと思います。

かつお荒節の粉だし(お試し用20g)−−−−1袋

さば荒節の粉だし(お試し用20g)−−−−−1袋

冬島 日高昆布の粉だし(お試し用20g)−−1袋

岩手乾椎茸 香信の粉だし(お試し用20g)−1袋

料理研究家 後藤加寿子先生のレシピ集−1部


1度作ってしまえば、あとはとっても簡単に美味しいだしができます。
だしをこさなくていいので、手を抜きたい私にはぴったりの方法だと思いました。
ご自宅にミキサーがある方はぜひチャレンジしてみてくださいね!
やっぱりだしは大事・・・みたいです。