HOME

確定申告


HOME



■確定申告をして税金を取り戻しましょう

金額や種類によってはそれを申告すればお金がもどってくることがあります。また年度の途中で会社を退職されて、その年のうちに就職をしなかった人は、自分で確定申告をして税金を取り戻しましょう。それまで会社でやってくれていた年末調整を自分でするためです。

これってどうだろう?と思ったら、税務署に聞いてみましょう。

控除の種類 控除対象者
所得控除 雑損控除 災害、盗難横領により住宅や家財に損害を受けた場合
医療費控除 1年間に支払った医療費が、一定額以上のとき
寄付金控除 国や地方公共団体に支出した寄付欣也政治献金がある場合
基礎控除 全ての人が対象。38万円
配偶者控除 控除の対象となる配偶者がいる場合
配偶者特別控除 本人の合計所得が1000万円以下で、配偶者の合計所得が一定額以下の場合
扶養控除 扶養親族がいる場合
社会保険料控除 社会保険に加入している場合
生命保険控除 生命保険や個人年金に加入しているとき
損害保険控除 対象の保険に加入しているとき
*自動車保険は対象外
老年者控除 本人が65歳以上で、所得が1000万円以下の場合
寡婦・寡夫控除 配偶者と離別、または死別した場合
障害者控除 本人もしくは控除対象配偶者、扶養親族が障害者である場合
勤労学生控除 所得が65万円以下の勤労学生
税額控除 住宅ローン控除 住宅ローンを組んで住宅を取得した場合
配当控除 日本国内の法人から利益の配当を受けた場合
政党等寄付金特別控除 政党などに対して寄付を下場合

(参考)・・・国税庁タックスアンサー

◆医療費控除・・・10万円を超えた医療費は控除の対象になる

お子様が小さく、医療費がかかっているお宅もあると思いますが、年に10万円を超える医療費についてはは控除の対象になりますので、領収書等は必ず取っておきましょう。

また万が一、申告を忘れていても5年前まではさかのぼりができるので
1度チェックしてみるといいかもしれません。

◆年末に子供を出産すると得?・・・これは結婚前に会社の人からからかい半分で言われましたが、年末に子供を出産すると(扶養家族が増える)、条件を満たせば所得控除が受けられます。ちなみに、年末ぎりぎりに生まれたときの控除額は1年分の38万円。扶養家族が増えるということでは、結婚してご主人の扶養になられた奥様も対象となります。

◆アンケートや謝礼で10パーセントの税金が引かれている場合、申告すれば戻ってきます。

◆アフィリエイトで得た収入についての税金は、これから掲載します。