HOME

今の自動車保険はさらに安くなる!

〜1年ごとに見直せばまだまだ安くなる〜
■おススメカテゴリー

はじめに

ネット通販、なぜ安い?

自動車保険、安くなる人はこんな人

自動車保険、高くなる人はこんな人

40,50代が安い自動車保険

自賠責保険と自動車保険

補償内容、割引、特約

無料ロードサービス

自動車保険安くするポイント

もっと安くする自動車保険

セカンドカー割引、ミニフリート契約

等級制度

各社自動車保険の特色

見積もりでもれなく500円分の商品券がもらえるサイトの紹介

見積もりから契約まで

保険契約のあとに確認すること



■アクサダイレクトの自動車保険最大で1万円の割引


■イーデザイン損保1万円の割引

■自動車保険ズバッと比較
自動車保険一括見積り


■車の買取、無料査定

■カーシェアリングで節約
年間で2〜5万円の保険料の節約も夢じゃない
■保険の自由化以降、劇的に自動車保険は変わりました。

それまでは、どこの会社でも条件が同じであれば保険料が同じだったので満期が来れば殆ど同じ会社で更新していたように思います。

でも、自由化によって各社独自の保険料設定、補償や特約があり見積もり次第で年間数万円の保険料の削減ができることもあります。同じ補償でもA社とB社では全然違うんです。

毎日小さな節約で10円20円に一喜一憂している方こそ、保険の見直しをして自分にピッタリあった自動車保険を見積もっていただきたいと思います。

見積もりの際に気をつけることは、「いざというときに使える保険」をつくるということ。安くなるからといって必要な補償も省いてしまって、事故を起こしたとき、ふたを開けてみたら使えなかった、では何にもなりません。

インターネットで自動車保険の見積もりをするよい点は保険会社からの電話でのセールスがないところです。(今まで一度もありません。)あるのは満期近くになると、メールでお知らせが来るくらいです。とても気が楽です。

見積もりはしたものの、(商品券もらったりしたら特に・・・・)どこかに入らないとまずいかなー・・・なんて思う必要はありません。こんな気楽さから、冷静に自分が本当によいと思うところに加入できるところがとてもいいと思います。

ご家庭で車の所有が2台、3台というのも珍しくありませんよね。2台、3台となると年間の保険料削減効果を考えると試しにやってみる価値はあります。

画面の指示どおりに進んでいけば最後まで迷わずに進めます。決断はその後でも十分間に合います。やってみましょう♪

見積もりに必要なのは免許証、車検証、現在ご加入の保険証券です。車から降りる時にちょっと思い出して車検証、保険証券を手元に見積もりをしてみませんか?その上で国内損保(代理店をとおす)にするか、通販にするか考えればいいと思います。


インズウェブ自動車保険一括見積りサービス
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!


【自動車保険見直しサイト 8798.net】


carview
自動車保険一括見積り

●保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!


●ムダを省いた必要補償の目安(見積もりの際の参考にしてください)

対人・対物賠償 無制限
人身傷害補償 3000万円〜(自分や同乗者の入院費用の実費分が示談を待たずにもらえます。これは入っておいたほうがいいです。)
搭乗者傷害保険 0円(人身傷害で入院費などの実費は出るし、医療保険に入っていれば二重にかけていることになるので「0」)
ABSやエアバック付 割引*補償や割引、特約について
家族限定、夫婦限定 運転者が限られている場合
年齢条件 お誕生日などが来て年齢条件に変更はないかチェック。全年齢が高く30歳以上が安くなる。
運転免許の色 ゴールドが安い
車両保険 貯蓄で備えられるならつけないという選択もあり。
・車両保険をつける場合 保険料のことだけを考えた場合、「一般車両」を「エコノミー+A」に変えるだけでもかなりの削減になるはず。一般車両とエコノミー+Aの違いは【当て逃げ、単独事故】の補償がないところ。
・その他、実態に合わせて入力すればOK♪見積もりをする際の目安にしてみてくださいね。

*詳しくはこちら


HOME