HOME ジャパンネット銀行
ネット銀行を使いこなそう

手数料が安いネット銀行

□高金利のネット銀行

送金に便利なネット銀行

セキュリティは大丈夫?

楽天銀行(旧イーバンク銀行)


新生銀行


ジャパンネット銀行

■住信SBIネット銀行



■FX

■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■日経225mini

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■普通株

■ミニ株

■プチ株

□口座管理にマネールック


セゾン資産形成の達人ファンド
セゾン投信株式会社



ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行は従来の銀行の枠を越え、さまざまな角度から銀行決済を活用したサービスの提供をしています。貯蓄や運用はもちろん、人気のtoto、ヤフーオークションなど幅広いサービスで快適なネットライフをサポートします。

ヤフーショッピングを利用される方は買い物のポイントとして「ヤフーポイント」がたまりますが、このポイントをジャパンネット銀行で現金化することが出来ます。その他、ポイントサイトやおこづかいサイトの振込みとしても便利に使えると思います。

ネット銀行はパソコンや携帯電話から、振込みなどが即座にできるので、口座をひとつ持っているととても便利です。ジャパンネット銀行は、早いうちからセキュリティ対策に力を入れているネット銀行です。

□■提携ATM入金手数料(入金1回あたりの手数料)□■(消費税含む、2012年7月1日現在)

●当月初回入金・・・三井住友銀行、@B∧NK、セブン銀行、E-net(イーネット)、ゆうちょ銀行→入金額にかかわらず、無料(月間無料回数を適用)

●2回目以降、入金で3万円未満の場合

三井住友銀行、@B∧NK 、セブン銀行、E-net(イーネット)→157円
ゆうちょ銀行→ 315円

●2回目以降、入金で3万円以上→三井住友銀行、@B∧NK、セブン銀行、E-net(イーネット)、ゆうちょ銀行すべて無料。

※ATM入金の月間無料回数は毎月1回となり、その月の最初の入金に適用。

□■提携ATM出金手数料(出金1回あたりの手数料)□■(消費税含む、2012年7月1日現在)

●当月初回出金・・・三井住友銀行、@B∧NK、セブン銀行、E-net(イーネット)、ゆうちょ銀行→入金額にかかわらず、無料(月間無料回数を適用)

●2回目以降、出金で3万円未満

三井住友銀行、@B∧NK 、セブン銀行、E-net(イーネット)→157円
ゆうちょ銀行→ 315円

●2回目以降、出金で3万円以上→三井住友銀行、@B∧NK、セブン銀行、E-net(イーネット)、ゆうちょ銀行の全てで無料

※ATM出金の月間無料回数は毎月1回となり、その最初の出金に適用。

□■提携ATM振込手数料□■ (消費税含む、2012年7月1日現在)

三井住友銀行、@B∧NKへの振込みについては、提携ATM出金手数料157円(注)+三井住友銀行の振込手数料が発生。

(注)提携ATM出金手数料の月間無料回数の範囲内の場合、提携ATM出金手数料157円は無料です。月間無料回数を超える場合は金額に関わらず、提携ATM出金手数料157円がかかります。

セブン銀行、E-net(イーネット)ゆうちょ銀行に関する振り込みについては、利用できません。


ジャパンネット銀行の取引明細の照会可能期間・・・照会日の5年前の同月1日から照会日当日分まで

普通預金取引明細照会画面で確認できない過去の取引明細については、1回あたり315円(消費税含む)にて発行依頼が可能です。

【振込み手数料】
ジャパンネット銀行の口座宛 他の金融機関宛
振込金額:3万円未満 52円 168円
振込金額:3万円以上 52円 262円

■ジャパンネット銀行からゆうちょ銀行へ送金する場合 ・・・送金手数料 294円
■ゆうちょ銀行からジャパンネット銀行へ送金する場合・・・送金手数料 294円


【JNB-J振】・・・振り込み操作が簡単に!振り込む人は振込先の専用URLをクリックするだけです。

「JNB-J振」なら、振込金額や口座番号、名義などを入力する必要がありません。入力ミスをすることもなく、簡単に振り込むことができます。ジャパンネット銀行と提携するショップでは、多くが「JNB-J振」を利用しています。数多くのネットショッピングで利用できます。

【口座維持手数料】

口座の利用状況によって無料ですが、条件をクリアしなければ月々189円がかかります。

この口座維持費を無料にするためには以下のような方法がありますので参考にしてください。

【口座維持費を無料にする方法】以下の条件のいずれかに該当すればOK.。

・預金平均残高が10万円以上あること または、
・ご自分の口座から振込みをした回数が2回以上であること、または、
・ご自分の口座に振り込みがあった回数が2回以上であること。
・振り込み入金が3万円以上あること。
・振込み入金の回数が2回以上あること。
以上のようなことで、口座維持手数料を無料にすることができます。私の場合は預金残高が10万円以上あるようにしています。

口座開設から3ヶ月は口座維持手数料は無料になりますので、無理なく口座維持手数料がかからない方法を考えてみてください。オークションなどをよくする方でしたら、ジャパンネット銀行を受け取り、支払にすることで簡単にクリアできそうですよね。

【JNBアグリゲーションでお財布管理】

銀行や証券、クレジットカードなどのIDやパスワード、取引状況を一元管理をすることが出来ます。登録できる口座やサイトは100以上あります。更にはログインするだけで口座の残高や取引状況が管理できるので自分だけの家計簿を作ることもできます。
【セキュリティ対策】

セキュリティ対策の1つとして、口座開設をすると送られてくるのがこの「ワンタイムパスワード」。1分ごとに自動的に数字が変わり、これを暗証番号として入力します。パソコンや携帯とも一切繋がっておらず、単独で動いていて、しかも紛失した場合でもこの番号から持ち主を特定することも出来ません。
【ワンタイムパスワード】

紛失した場合でもシリアルナンバーから持ち主を特定することもできません。

1分ごとに自動的に数字が変わります。(ボタンなどを押しません)5年以上耐用できる、電池をしているので5年は大丈夫です。
ジャパンネット銀行

早からくセキュリティシステムを導入していたジャパンネット銀行

口座を作ると、左のような「ワンタイムパスワード」が届きます。

「ワンタイムパスワード」には60秒ごとに異なるワンタイムパスワード(6桁)が表示され、これを暗証番号として入力します。

60秒経過後や一度使用したワンタイムパスワードは無効になるので、再利用ができないので安全です。

また、パソコンや携帯電話などと一切繋がっていないので、万が一パソコンや携帯電話がスパイウェアに感染しても、パスワードが見られることもなく安心です。

セキュリティはしっかりしていますが、パスワードをこまめに変えるなどして、個人としても気をつけましょう。


ジャパンネット銀行

FP主婦のおいしい節約生活トップへ