HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★女性専門の保険相談サイト「オズアイ」
★保険クリニック(セカンドオピニオンが人気
★あなたのFP
★保険ゲート
★ゼクシィ保険(カップル向け)
★ほけんの窓口(来店型)

★保険見直し本舗(来店型)

保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】


保険マンモス
医療保険の選び方

保険相談でギフト券が全プレ!詳しくはこちら!


■医療保険の選び方のポイント

日本には高額療養費制度があるので、主婦でも会社員でも自営業でも、一ヶ月の医療費の自己負担額が高額となった時には一定の金額を越えた分が払い戻されるので、ある程度貯蓄があれば医療保険に加入していなくても、短期の入院であればそれ程慌てる必要もないと思います。

病気やケガをしても、高額療養費制度などがあるので一から準備する必要はありません。足りない分を民間の医療保険で準備すればOKです。

但し、公的医療制度の改定を見ると今後も私達の負担が増えていく、という可能性があります。また、年齢が高くなった時に保険に加入したくなってもその時に何かしらの病気があれば引き受けてもらえないこともあるので、無理のない範囲で医療保険は準備して、貯蓄をしっかりしていくのが大事です。

そこで、どういった医療保険を選ぶポイントですが、医療保険はシンプルな掛け捨てタイプがおススメです。特約やボーナスが付くと保険料が高くなってしまうので、基本的には「入院給付金」、「手術給付金」、そして「先進医療特約」をつけおくと万が一の時に安心です。

「先進医療」は、厚生労働大臣が承認した先進性の高い医療技術のことで、承認された医療機関だけが行うことを許されています。先進医療にかかる技術料については公的な医療保険は適用されず全額自己負担となります。

「先進医療」の「重粒子線治療」は300万円以上かかるといわれていますが、平成18年度に重粒子線治療が行われた件数は986件、平成17年の「患者調査」ではがん患者数142万人ということや、全ての先進医療が何百万円もかかるものではないことを考えると、【先進医療】にお世話になる可能性はかなり低いかもしれません。

「ちょっと待って先進医療特約目当ての保険加入」コラムを参照

しかし、保険料そのものは月額100円程度と安いこともあり、こういうものこそ保険で備える意味がある、と一定の評価はできそうです。私はそういった意味からも【先進医療特約】をお守り代わりにつけるのをおススメします。



来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

保険マンモス
保険マンモス
メディアにもたびたび登場している保険マンモス。サイトもマンガを使って保険をわかりやすく説明。しっかり節約できる保険の選び方をサポート。

開設から2年強で6000名以上の相談を受け、相談後のアフターフォローも好評で、しつこい勧誘などもなく、安心して利用できます。


無料保険相談実施中!ほけんの窓口

FP主婦のおいしい節約生活トップへ