HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★保険の王様
★保険ビュッフェ
★保険ゲート

★女性専門の保険相談サイト「オズアイ
保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】


自営業者、フリーランスの保険

保険相談でギフト券が全プレ!詳しくはこちら!
■自営業の方やフリーランスの方の場合は病気やケガをして働けなくなるとサラリーマンよりはすぐに収入に直結してきます。退職金や厚生年金もないので、将来に備えて貯蓄や保険は日頃から考えておく必要があります。

自営業であれば、法人契約にして一部を損金として計上ができます。節税にもなりまし、退職金代わりにもなるので【長期定期保険】などはどうでしょう。

ある程度の年齢になって解約をしても返戻金は多いし解約するまでの期間は保障もあります。

病気やケガで働けない時や収入ダウンに備えて【所得保障】。
(All about自宅療養中だって所得保障があるといい、所得保障保険ってつかえそう

●お給料保険(アメリカンホーム・ダイレクト)
日本発、専業主婦の方でも入れる所得保障保険。病気・ケガで働けなくなった場合に、毎月5万円から15万円を受け取ることができます。


■事故やケガが心配な自営業者の方
トラックの運転などで、事故を起こすと大事故に繋がりかねない職業の方の場合は、トラックの自動車保険にしっかり加入しておくこと、病気に備えて医療保険、病気やケガで働けない時や収入ダウンに備えて所得保障保険。


貯蓄と保障を日頃から心がけ将来に備えましょう。

++++++++++++++++++++

入院時の家計の収支

=入院時にも確保できる収入-(生活維持費+入院関連費用)

○生活維持費としては、家賃、住宅ローン、光熱費、家族の生活費、各種ローン、子供の教育費など。夫の小遣いなどは入らなくなるので除外しておきます。

○入院関連費用としては、医療費の自己負担分、入院のときの食費、差額ベット代、雑費など。

入院の時の食費は公的医療保険が適用される場合、入院中の食費の自己負担分は1日780円。1ヶ月入院した場合は2万3400円。

差額ベッド代は病院によります。

雑費は入院の時のパジャマ、テレビ代、家族の交通費、子供のベビーシッター代、お見舞いに来てくださった方へのお菓子やお茶など。

入院をするとすぐに収入がなくなってしまうか、他の家族や従業員で収入は維持できるか?

以上を計算してみると、確保すべき保険が見えてくると思います。(でも、心配だからと保険のかけすぎは注意です)


【FP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できます】
無料で親身になって話を聞いてくれます。(電話で)いいサービスなので是非利用してみてください。
サラリーマンが病気で入院した場合、有給休暇、傷病手当などの公的保障があるので、即収入が減るということはありません。

*病気やケガで会社を4日以上休み、会社から給料がもらえなくなった場合、健康保険から4日以降傷病手当が出ます。1年6ヶ月が限度。

また、会社によっては【付加給付】があるので1ヶ月あたりの医療費の自己負担額が2万円から3万円程度の支払い程度で済みます。


保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

保険ショップの活用方法



無料保険相談実施中!ほけんの窓口


相談実績年間 100万件以上。無料保険相談実施中! ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。


FP主婦のおいしい節約生活トップへ