HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★みつばち保険ファーム
(キッズルームあり)

★ゼクシィ保険(カップル向け)
★あなたのFP
★ほけんの窓口(来店型)
保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
おすすめの生命保険
損保ジャパンDIY生命の
1年組み立て保険
東京海上日動の長割終身
■オリックス生命ファインセーブ
■アフラックのWAYS
ネクスティア生命「カチッと定期」
おすすめの医療保険
オリックス生命の医療保険CURE(キュア
オリックス生命の医療保険キュアレディ
女性医療保険【フェミニーヌ】
アフラック「新EVER」
(終身医療保険)
おすすめのがん保険
がん保険Days
■がん保険ビリーブ
■がん保険の選び方
おすすめの個人年金
■アフラックの個人年金
おすすめのこども保険
■アフラックのこども保険
■フコク生命のみらいのつばさ
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】


保険契約する前に注意すること
生命保険は一度契約すると、とても長いお付き合いになります。1ヶ月数千円の契約でも10年、20年と支払っていると莫大な金額になります。
だから契約するときは、車や家などをを買う時のような大きなものを買うつもりで臨みましょう。

そして、保険加入後も車や家を購入した後のように、メンテナンスが必要になってきます。独身の時に加入したとしたら、結婚、1人目の子供が生まれた時、2人目の子供が生まれた時、転職、住宅購入時、退職など。大切なものや人が増えると、それだけ責任は大きくなります。

意外と多いのが、保険に全く未加入の方。自分には必要ないとか(健康だから大丈夫)、家計が苦しいのでそこまで回らないなど、理由は様々だと思います。それも若い時はいいかもしれないけれど、病気になってしまってからは保険に入れないケースもあるので、最低限の保険にでも入っておくべきかと思います。

また、逆に保険会社に言われるままに過剰に保険をかけてしまっている方も同様に多いのです。いわゆる保険貧乏。私が就職をして、初めて入った保険はもう満期になってしまったのですが、死亡保障が1500万円もあるものでした。  

独身の時は、自分が家計を支えているなどの要素がなければ、死亡時にはお葬式程度の補償があればいいはず。数百万円でOKだと思います。増額はその後に考えても十分間に合うので、むしろ独身の時は医療保険を考えるべき。

その当時、自分にもう少し知識があったら保険料は格段に安くなったのに、と悔やまれます。どうやって契約したか思い出すと、何本か見積もりを見せてもらって一番安いコース。死亡保障1500万円でも、一番安い見積もりだったというのはびっくりです。(´_`。)

保険は難しいという先入観から、保険会社の言うなりになるしかありませんでした。せめて簡単なことだけでもわかっていたら、どれだけ保険料の節約ができたでしょう。


実際、保険料を適切にすることで家計は年に数万円から数十万円節約することもできます。毎日1円、10円の節約に目を向けている方には、ぜひとも一度ご自分の保険を無料のFP相談などでチェックされることをおススメします。

私の場合は盲腸で一度入院することがあってその際に、保険でお金が用意できるという安心感も感じています。自分の経験を通しても、保険に助けられたこと、もう少し保険の知識があったら・・・と今更ながら思います。

また、国の公的補償も意外に厚く、保険は一から自分で準備しなくてはいけないものではありません。これを知っておくだけでも、いざという時にかなり役立つと思います。健保や国保は最強の医療保険高額療養費制度

最後にくれぐれも仲のよいお友達が保険会社に入ったから・・・・とか、そういう理由で保険の加入をするのはやめましょう。

月々の支払いは数千円だから「まー、いいか」って思ったりするかもしれないけど、保険料の総額を計算してみてー!考え方変わるはずです。

情報を集めてそれらを比較検討そして決定。大切な家族や自分を守るために、本当に必要な保険を買いましょう。


<無料>生命保険の見直し相談
FPによる無料の生命保険の相談を受けました。レポートはこちら!!



医療保険・がん保険といえば、アフラック。オフィシャルサイトはこちら。


FP主婦のおいしい節約生活トップへ