HOME

□FP相談のながれ

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

節約レシピの2人DE2万円のショクタク!
ブログにて更新中。
□知ってお得な保険選び
□知ってお得な自動車保険
□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談
・電話で完結!FP無料保険相談
★保険見直し本舗(来店型)
★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック

保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】

保険のビュッフェ



保険の確認の流れ(大まかな流れ)

保険相談でギフト券が全プレ!詳しくはこちら!
.1.まずは証券を見て、以下のことをチェックしてみましょう。(無料の保険の見直し相談をする際にもこのメモが役立ちます)

・いつからいつまで、いくらの保障があるのか?
・支払う保険料は毎月いくらか?
・保険料の支払いはいつまで?
・保険会社は危なくないか??


2.必要補償額を大まかに計算する

3.公的保障額でカバーされる金額を計算する

4.必要補償額から公的保障額、貯蓄額などを考えて保険で用意すべき保障額を算出する。(保険で準備すべき保障額、医療保障などを参考にする)(→コレが面倒だったらFPに相談すればOK

5 現契約と照らし合わせて足りない部分、保障が重複している部分、カットできる部分をチェックする。(→コレが面倒だったらFPに相談すればOK

6 無料のFP相談を受ける。場合によっては保険会社から資料を取り寄せる。(後追いセールスやしつこい電話は一切ないので安心して利用してみてくださいね)

7 診断結果やアドバイスを受けて必要な保険を自分で決める。

8. 解約することになったら、先に解約するのではなくて新しい契約に加入できてから、それを見届けた上で解約。(もし新契約が出来なかったら無保険になるから) 

9.保険会社に解約の連絡をする。支社に行くか、担当者に来てもらうかどちらか早い方法(引き止められたり、煩わしくない方)を選ぶ。

10.今後は今回の見直しを教訓に、色々な転機に保険の見直しを考えましょう。

            【来店型のFP無料保険相談】

保険の無料相談には大きく分けて、【来店型】、【訪問型】があります。来店型はスーパーなどの一角に店舗を設けていて、そちらに相談者が行ってFPと面談する方式です。

特に最近人気のあるのがこの来店型の保険相談です。直接FPと会って相談することで資料などを提供してもらいながら相談ができ、スーパーなどの店舗にあるので、お買い物のついでに気軽に保険相談ができます

【当サイト内 FP無料保険相談人気サイト】
保険ナビ・・・お買い物のついでに気軽に保険相談ができます。。
ほけんの窓口・・・丁寧な保険相談で人気。
保険見直し本舗」・・・・日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社を誇り、コンサルティングアドバイザーの90%が女性です。
・子育て世代の悩みや課題を把握した、「子育て保険アドバイザー」が、ママのライフプランにぴったりの保険プランや学資保険などを提案します。
・累計50万件以上の契約実績があります。


無料保険相談実施中!ほけんの窓口


相談実績年間 100万件以上。無料保険相談実施中! ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。




無料保険相談実施中!ほけんの窓口

相談実績年間100万件以上。無料保険相談実施中! ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。