HOME

□FP相談のながれ
■失敗しないポイント

保険は家計の強い味方!

〜定期的な見直しが家計を救う〜

□おススメカテゴリー
おススメの保険はコレ!

■生命保険選びのポイント

■医療保険選びのポイント
保険の見直しが家計を救う

来店型のFP無料保険相談
訪問型のFP無料保険相談

★全国どこでも「保険ゲート」
★いい保険ドットコム
★ショップ来店型保険クリニック
★保険ビュッフェ
★保険ゲート

★女性専門の保険相談サイト「オズアイ
保険ショップの活用方法

FPが選ぶ保険?
保険の契約の前に
保険を見直す時期
保険を見直した方がよい方
保険確認の大まかな流れ
必要補償額の算出方法
必要補償額を表で簡単にチェック(死亡保障)
必要補償額を表で簡単にチェック(医療保障)
■「保険市場」日本最大級の保険比較サイト
■保険オンラインで一括試算、資料請求
公的保障
健保や国保は最強の医療保険
サラリーマンと自営業者
高額療養費制度
遺族年金はいくら出る?
公的介護保険制度の概要
保険用語
生命保険料控除
■こども保険の選び方
■教育費いくらかかる?
■子ども手当て
年代別の提案
■独身女性の保険
■シングルマザーの保険
■サラリーマンの保険
■自営業者、フリーランスの保険
■セコムホームセキュリティ
■葬儀ナビ お葬式の比較サイト
ペット保険
■ペット保険【うちの子ライト】
シングルマザーの保険

保険相談でしっかり節約 保険ビュッフェ
■シングルマザーの保険を考えてみましょう。

基本的に保険の考え方は独身の方でも、夫婦2人の方、夫婦2人+お子さんのいらっしゃる方も同じです。

医療費の大半は高額療養費制度で支払われます。医療費が1ヶ月に100万円かかったとしても、一般の所得区分の方が最終的に支払うのは約9万円です。(差額ベッド代や食事代は除く)

健保や国保は最強の医療保険に書きましたが、会社員の方は会社の健康保険で病気やケガをしたときにどのような給付があるか、そしてその上で不足する分を割安な保険に加入、あとは何にでも使えるように貯蓄でひたすら備えるというのが現実的です。

会社員の場合は、上の例の最終的な支払いの9万円から更に低くなるケースがあります。

健康保険組合によっては付加給付があるので「自己負担額は2万円」としている場合には、最終的な自己負担額は1ヶ月に100万円の医療費がかかっても2万円までということになります。

会社の福利厚生がしっかりしている場合であれば、ある程度貯蓄をしっかりしていれば、医療保険はそれ程優先順位は高くはないかもしれません。ですから、保険に加入する前に自分が入っている医療制度はどのようなものかチェックすることが一番大事です。

入院が決まったら「限度額適用認定証」をもらおう。

【高額療養費制度の対象外】
・高度先進医療費
・差額ベッド代
・諸費用、雑貨

差額ベッド代を払わなくていいケース

また、保険加入以上に、例えば入院をした場合に子供を見てもらえるような人間関係の構築など、お金に代えがたい部分をどのようにするかを考えておくことが大事だと思います。

母子家庭であれば、母子ともに医療費助成制度(地域によって内容に違いあり。リンク先は茨城県)があります。医療費などは自治体などからある程度補助がありますので、どういう医療助成があるか自治体などのホームページなどでチェックしてみましょう。

子育てまっさかりでお金がかかる時期には、割安な定期保険に加入して保険料を抑え、そしてしっかり貯蓄で備えるのが基本です。

保険ショップを活用をして保険の見直しをするのもお勧めです。保険料が浮いた分はしっかり貯蓄で備えましょう。


            【来店型のFP無料保険相談】

保険の無料相談には大きく分けて、【来店型】、【訪問型】があります。来店型はスーパーなどの一角に店舗を設けていて、そちらに相談者が行ってFPと面談する方式です。

特に最近人気のあるのがこの来店型の保険相談です。直接FPと会って相談することで資料などを提供してもらいながら相談ができ、スーパーなどの店舗にあるので、お買い物のついでに気軽に保険相談ができます

【当サイト内 FP無料保険相談人気サイト】
保険ナビ・・・お買い物のついでに気軽に保険相談ができます。
ほけんの窓口・・・丁寧な保険相談で人気。
保険見直し本舗」・・・ TVCMでおなじみの「保険見直し本舗」。来店予約をして、店舗で保険相談をする来店型です。東証マザーズ上場会社のグループ会社。

・日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社を誇り、コンサルティングアドバイザーの90%が女性です。

・累計50万件以上の契約実績があります。


保険見直し本舗





無料保険相談実施中!ほけんの窓口

相談実績年間 100万件以上。無料保険相談実施中! ほけんの窓口

「難しい保険も必ず分かる、選べる」丁寧な相談を心がけ、「保険の相談相手がやっと見つかった!」と喜びの声も。

保険会社各社により、専門分野や得意分野が異なります。同じ条件でも、保険料も個々に異なります。よりよい保険選びが1つの窓口でできるよう、多数の保険会社の商品を取り扱っています。


生命保険 見直し
保険クリニック


保険クリニックは全国140以上の店舗を展開中。保険の「セカンドオピニオンサービス」を実施しています。これは複数社の保険商品を扱い、独自の『保険IQシステム』を持っていることが可能にしています。


FP主婦のおいしい節約生活トップへ