HOME
ボーナス、どこで殖やす?

安全派も積極派もしっかり選ぼう!


■FX

■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■普通株

■プチ株

■1000円からの純金積立

セゾン資産形成の達人ファンド

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


■FX



自動車保険一括見積り
個人向け国債
■必要資金・・・1万円以上〜 

■証券会社、銀行、郵便局などで取り扱い。半年ごとに利子がもらえ金利が固定されているのが5年、変動は10年。元本や利子の支払いは、国が責任を持もって行います。

2008年4月から中途解約手数料が従来よりも下がり、いつ解約しても元本われがなくなる制度の導入により更に人気が高まりそう。。

個人向け国債は、年4回の募集を行います(3月、6月、9月12月)。商品は2種類。5年満期で利率が満期まで変わらない固定金利タイプ=「個人向け国債 固定5年」と、10年満期で半年毎に受け取れる利息が変わる変動金利タイプ=「個人向け国債 変動10年」があります。

・変動10年個人国債・・・発行から1年経過後はいつでも中途換金可能
・固定5年個人国債・・・発行から2年経過後はいつでも中途換金可能

□取り扱い証券会社

丸三証券 、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券など


【ちょっぴり投資をしてみたい方】

少額投資でスタートできるのが、ミニ株、プチ株、まめ株。大体5000円程度〜10万円もあればOK。

■メリット

・お小遣い程度の予算から購入が可能。

・普通株では高くて変えない人気の銘柄も【1株】や10分の1の単位から取引可能。時間をかけてまめ株を買って、いずれ単元株にすれば株主優待などももらうことが出来ます。

・少ない金額でも色々な銘柄を買うこともできるので、少ないながらもリスク分散投資が可能。本格的に始める前の練習に始めてみるのも。

■デメリット
・指値注文ができない
・少額投資なので大儲け〜、というほどの利益を得るのはちょっと難しいかも。



【ミニ株、プチ株、るいとうの比較】
商品名 ミニ株 プチ株 るいとう
取り扱い証券会社 マネックス証券 カブドットコム証券 各証券会社
特徴 ・議決権なし
・配当金あり
・株式分割あり
・議決権なし
・配当金あり
・株式分割あり
・株主権あり
・取扱証券会社名義
売買単位 単位株の10分の1 1株の整数倍かつ1単元未満の範囲(ただし1単元が1株超の銘柄に限る)
【例】
1単元が1,000株単位で売買されている銘柄の場合、1株から999株まで。
1銘柄につき1万円以上1,000円単位
かつ月間100万円に満たない範囲
取引方法 注文は注文を出したよく営業日の寄り付き。

ミニ株人気銘柄ランキング

・日計りトレード不可
成行注文。注文時間により、下記値段で約定。
■東証、大証、名証、福証、札証
前場の始値、もしくは後場の始値
■ジャスダックの売り
前場の始値または後場の終値
■ジャスダックの買い
翌営業日の前場の終値

■日計りトレード可能
・翌々日の始値
購入日は証券会社により異なる

・日計りトレード不可
手数料 一約定につき500円(消費税込み)
約定代金2万円まで105円、以降約定代金1万円増加まで毎に70円加算 各証券会社による