HOME
ボーナス、どこで殖やす?

安全派も積極派もしっかり選ぼう!


■FX

■投資信託

積立てなら投資信託
積立てしやすい証券会社

「マネックス資産設計ファンド」(育成型)

セゾン投信

■個人向け国債

■ゆうちょ銀行

■証券会社別

【株式手数料】
手数料で選ぶ(1約定ごと)
定額手数料で選ぶ


楽天証券
トレーディングツールの代名詞「マーケットスピード」

・SBI証券
(オンラインネット専業証券で口座数NO。1)

・丸三証券
2ヶ月間は手数料が無料!

・マネックス証券
株式手数料が安い

カブドットコム証券
多彩な注文方法、情報ツールがすごい

立花証券

GMOクリック証券
手数料が安い


■普通株

■プチ株

■1000円からの純金積立

セゾン資産形成の達人ファンド

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

■FX



自動車保険一括見積り
ネット証券 
ネット証券は手数料がかなり下がってきました。マネックス証券は10万円までなら105円、楽天証券が145円、SBI証券が145円です。また、2ヶ月までは丸三証券は手数料が無料です。

カブドットコム証券SBI証券1口500円から、楽天証券マネックス証券1000円から投資信託が出来るので、おこづかい的な金額から分散投資が可能です。

また手数料だけではなく、各社独自のサービスも打ち出してきているので各社のウェブサイトでチェックしてみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カブドットコム証券・・・三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社。シニア割引き、手数料が安くなる株主推進割り引きなど色々なサービスのある会社。

楽天証券・・・初めての方が小額からでもはじめやすい商品が豊富。投資信託1000円〜、海外投資、1000円からの純金積立なども。

SBI証券・・・1日の約定金額で何度売買しても手数料同じコース(アクティブコース)で10万円までは手数料は100円。

丸三証券・・・2ヶ月間は手数料が無料

マネックス証券・・・株式手数料が安い。ワン株(単位未満株)が1万円から、投資信託は1000円から始められます。

【ネット証券、現物株の手数料比較】
証券会社 10万円の株の手数料 20万円の株の手数料
カブドットコム証券 189円 283円
楽天証券 145円 194円
SBI証券 145円 194円
丸三証券 252円 252円
マネックス証券 105円 189円
(2013.2.14 情報更新)



【ちょっぴり投資をしてみたい方】

少額投資でスタートできるのが、ワン株、プチ株、るいとう。大体5000円程度〜10万円もあればOK。

■メリット

・お小遣い程度の予算から購入が可能。

・普通株では高くて変えない人気の銘柄も【1株】や10分の1の単位から取引可能。時間をかけてまめ株を買って、いずれ単元株にすれば株主優待などももらうことが出来ます。

・少ない金額でも色々な銘柄を買うこともできるので、少ないながらもリスク分散投資が可能。本格的に始める前の練習に始めてみるのも。

■デメリット
・指値注文ができない
・少額投資なので大儲け〜、というほどの利益を得るのはちょっと難しいかも。

【手数料無料の証券会社】(初心者におススメ)

丸三証券 2ヶ月間は手数料が無料!
マネックス証券 投資信託の品揃えが豊富。株式手数料が安い!
楽天証券 ネット証券初!純金積み立て、プラチナ積み立てができます。
カブドットコム証券 プチ株、ワンコイン積み立てなど、小額から始めてみたい方にも豊富な品揃え。投資信託は500円からできます。
SBI証券 中・長期のトレードにお勧めの【スタンダードプラン】と短期トレードにお勧めの【アクティブプラ】ンが用意されています。投資信託は500円からできます。